jfsta  全国水産技術者協会

  • トップページ協会のご紹介>事業概要
  • 文字サイズ変更 文字サイズ大 文字サイズ中 文字サイズ小
    ホーム
    組織のご紹介
    活動情報
    入会のご案内
    関連リンク
    お問い合わせ
    会員ページ




    事業の概要
    調査・研究開発
     課題ごとに委員会等を組織し、水産に関する調査、研究、開発を実施(自主事業、受託事業)します。また、依頼を受け、調査、研究、開発の企画、進行管理、取りまとめなどを実施または支援します。

    クロマグロ養殖施設(沖縄県本部)
    食用コンブ場の造成
    イセエビの幼生
    希少水草の培養
    卵稚仔調査
    調査・研究対象の分野例 水産資源の管理 水産増養殖と関連資材(飼料、医薬品等) 漁場保全 各種開発の漁業への影響 水産食品の利用加工、水産食品安全 漁船、水産機械 漁場造成等、水産施設 漁業・養殖業経営 漁村地域振興
    技術者データベースの整備
     会員である水産に関する技術専門家等についてのデータベースを整備し、外部からの要請に応じて専門家を推薦します。
    講演会の開催・技術支援等
     水産に関する調査・研究開発の促進及び水産に関する技術的事項の啓発・普及を図るための研究会、講演会等の開催及び支援、出版、翻訳、資料・写真サービス等を行います。
    出版物等の配布・連絡事務代行
     会員相互の情報交換や親睦をはかるため、会報の発行や水産技術に関する出版物等の配布及び同窓会・親睦会等に関する連絡事務等を代行します。
    調査・研究開発の特徴
    1. 会員が長年培った科学的知識、技術、経験等を社会に還元することを旨とし、営利を目的としていないため、所要経費は実費のみです。

    2. 調査、研究開発テーマごとに委員会を設置します。委員会は専門家により構成し、協会が実施する業務の企画、実施計画、結果の評価と報告書の作成等について、専門家の立場から指導・助言します。

    3. 調査・研究開発の実施に当たっては、そのテーマの実施に最も適当と考えられる有資格者(学位保持者、技術士等)を単数または複数配置、また、所要の調査・解析等についても技術水準の高い賛助会員が分担実施します。

    4. また、必要に応じ、他の試験研究機関や大学等と連携・共同して推進します。

    5. 以上のように調査・研究開発を進めますので、その成果は常に高い水準が確保されています。


    著作権表示